モンスターハンターXX 評価&レビュー

シリーズはPSPあたりからはほぼ全てプレイしています。
モンスターハンターXはそこそこ楽しめました。
それでも4ほどではありませんでしたが、周りでプレイしている人も多かったしみんなでやるモンハンはやっぱり楽しいですよね。
そして続編であるXX(ダブルクロス)が発売。

という事で今回はこちらです。

モンスターハンターXX

 

まず、ネットでも良く言われていますが、明らかに調整不足だと思います。
私の思う「モンハンとは」は、緻密にデータ管理されておりステータスや敵のステータスなどもすごく細かく設定されているというデータの塊のゲームという感じです。
もちろんどのゲームもそうなんですが、なんというかアクションゲームではなくデータゲームという感覚。
今回はそのデータの調整がかなり大雑把に感じました。
シリーズをプレイしているとやっぱり高い難易度を求めたり、高いやり込み要素を求めたりしがちなんですが、そういうやりごたえや武器の種類、スタイルなどに力を入れ過ぎて、肝心の膨大なデータの調整を2の次にしたように感じました。
例えばですが、モンスターがどんどん強くなるのも、あのモンスターの攻撃が見切れないとか動作が読みにくいとかではなく、単純に攻撃力が高いとかスピードが速いとか、そういう大味なゲームになってしまいました。

正直あまりおススメしません。
もともとXもそこそこ面白いと感じる半面、大味だなぁと感じていたので続編で化ける可能性があるかもと思っていましたが、より大味になりました。

そして、ちょっと感じるのがモンハン自体に行き詰まりを感じていますね。
確かに4はかなりプレイしたんですが、(何故か分からないけど)4からプレイの新規プレイヤーが多く、マルチプレイが楽しかったから続けていた印象があります。
4が革新的に面白かったかと言われると振り返るとそうでもなかった気がします。
そろそろモンハンも飽きられていると感じますね。

だからこその5は期待してしまいます。
恐らく3DSで出るなら革新的な進化はまたなさそうですが、Switchなどで出るならオープンワールド化するんじゃないでしょうか。
どのゲームもオープンワールド化することには疑問を感じますが、モンハンとオープンワールドはうまくゲーム性を練られれば恐ろしいシナジー効果を生むのではないのかと思います。
ただ難しいですよね、オープンワールドゲームを作るのは。
特にカプコンはアクションゲームを作るノウハウは有りますが、オープンワールドゲームは未知の領域。
オープンワールドゲームは開発費が膨大にかかるので、モンハンなら大丈夫かもしれませんが回収できないと目も当てられなくなります。
シリーズファンとしては頑張って欲しいところです。
今後のモンハンに期待します。