PSVR 評価&レビュー

遂に購入しました!
未来を感じるマシン、VR機 「PS VR」。

こちらです。

 

今回プレイしたのはバイオハザード7なんですが、そちらのゲームプレイの評価ではなく、「PS VR」の評価をしていきたいと思います。

まず、装着する前に感じたことは、コードが煩わしいって事と、重くは無いけど長時間プレイは無理そうだな、という感じ。

まずコードなんですが、頭では必要だということが分かっていてもやっぱり鬱陶しいものは鬱陶しい。
HDMIは今はワイヤレスにできるんでしたっけ?せめて電源ケーブルだけになればもうちょっと煩わしさは減るかもしれません。
重さはー・・・正直これはどうにもならなそうな気がします。諦めました。

ということで、ゲームをプレイした感想です。
没入感すごいですね!
やっぱり視界は狭まりますが、本当にその世界に入り込んでるみたいです。
初めは普段の視界とは違うのでゲームだと感覚的に分かっているんですが、だんだん気が付かないうちに本当の世界だと錯覚したり、視界に全然違和感を感じなくなっています。
ホラーゲームをプレイしたからかもしれませんが、首を振って視界を操作するのは、便利ではなく恐怖の演出になっていたように思います。
違うゲーム、例えばエースコンバットというドッグファイトゲームだったりするとまた感想が変わるかもしれません。
ただ、最初は「革新的!未来がここにある!」と感じていたんですが、長時間プレイするとかなり疲れが来ました。
これは慣れて無いからかもしれませんね。

VRを外した後の総合的な感想は、ちょっとまだ時代に追いついてない感じ。
確かに没入感はすごいんだけど唯一無二という感じはしませんでした。
そもそもまず装着する手間というか億劫に感じるのがもうハマる事を阻害しています。さらに慣れてないせいもありますが、外した時ドッと疲れがきます。
なんとなくスキーとかスノーボードとかみたいに、プレイ中は楽しいけど外した時に疲労感がドッと来る感じと似ていますね。
気軽に毎日VR!ってことは今のところはならないと思います。
でもこれは予想なんですが、プレイしたソフトが大きく影響していると思います。
今回プレイしたバイオ7はPSVR専用ではなくて普通のゲームをVRに適用させたものなので、VR専用ゲームをプレイしたらまた感想が変わるかも。
また、VR機の本領発揮は、広い世界を自由に歩けるゲームとか、バーチャルチャットとか、そっちの方面だと思うのでそちらを体験もしてみたいですね。

もう一つ思ったのがVRチャットとかVRオープンワールドゲームにハマったとき、現実に帰ってきたく無くなるんじゃないかと思いました。
ソードアート・オンラインでもあったように、VRの世界が楽しすぎて、没入しすぎて、現実を捨てちゃいたくなる人が現れてもおかしくない程の没入感がありました。
普通のゲームだとゲーム画面に集中してても画面外の現実が常に見えている状況ですが、VRだとどこをどう見ても視界は全て仮想世界なので没入度が通常のゲームの比ではありません。

いろいろと言いましたが、これは未来への過程だと思います。
PSVRではまだ未来って感じは薄かったですが、これが発展して行って、装置もソフトも正当進化すればおそらく本当ソードアートオンラインやレディプレイヤーワンと同じ世界が来るんじゃないかと思いました。
そういう未来の過程を楽しみたい人にはおススメできます!興味があったらポチって見ましょうー!

スーパーマリオ オデッセイ 評価&レビュー

マリオー! の新作です。
正直マリオが出たら追うって事はしていなかったんですが、今回は面白そうだったので買ってみました。
ということで、今回はこちらです。

まだクリアはしてませんが20時間とそこそこやっていると思うので、まぁレビューしてもいいかなってところです。

率直な感想としては「良ゲー」という感じです。
ゲーム自体は高水準によくできていて楽しいんですが、原因はこの作品の前に「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」が出てしまったせいですね。
ゲームはステージ型とオープンワールドの中間くらいで、ステージ毎の条件クリアでムーンをゲットしたり、ステージに隠されたムーンをゲットしたり。
ステージ毎に居る敵をキャプチャして敵の能力をゲットできるのは面白かったけど、正直なところそのステージ限定なのは今一つ足りなかったかな。
これがカービィのコピー能力みたいに別のステージにも持って行けたり、別のステージのモンスターが居ないと解けない謎なんかがあれば神ゲーになっていたかもしれません。

マリオらしいと言えばマリオらしいし面白いんだけど、どうしてもゼルダと比較してしまって、ちょっとタイミングが悪かったなーと。

ステージの中にちょっとしたミニゲームなんかがあって、それをクリアするとムーンが貰えるんですが、本質のゲームをもうちょっと仕上げて欲しかった気もします。ミニゲームがあることは悪くないんだけど、そのミニゲームが本当にムーン獲得のためだけのミニゲームでそんなに面白くないことが多いので。。。
まぁミニゲームしなくても次のステージに行くためのムーンをためることはできるのでやらなくてもいいから、嫌いな人は無視すればいいんですけどね。

オススメする人は、ゼルダが面白いって感じなかった人かな?ゼルダが難しいって感じた人もそうかも?ちょっとどの層に進めればいいのか分からないですが、過去マリオ好きな人には間違いなく刺さると思います。

モンスターハンターXX 評価&レビュー

シリーズはPSPあたりからはほぼ全てプレイしています。
モンスターハンターXはそこそこ楽しめました。
それでも4ほどではありませんでしたが、周りでプレイしている人も多かったしみんなでやるモンハンはやっぱり楽しいですよね。
そして続編であるXX(ダブルクロス)が発売。

という事で今回はこちらです。

モンスターハンターXX

 

まず、ネットでも良く言われていますが、明らかに調整不足だと思います。
私の思う「モンハンとは」は、緻密にデータ管理されておりステータスや敵のステータスなどもすごく細かく設定されているというデータの塊のゲームという感じです。
もちろんどのゲームもそうなんですが、なんというかアクションゲームではなくデータゲームという感覚。
今回はそのデータの調整がかなり大雑把に感じました。
シリーズをプレイしているとやっぱり高い難易度を求めたり、高いやり込み要素を求めたりしがちなんですが、そういうやりごたえや武器の種類、スタイルなどに力を入れ過ぎて、肝心の膨大なデータの調整を2の次にしたように感じました。
例えばですが、モンスターがどんどん強くなるのも、あのモンスターの攻撃が見切れないとか動作が読みにくいとかではなく、単純に攻撃力が高いとかスピードが速いとか、そういう大味なゲームになってしまいました。

正直あまりおススメしません。
もともとXもそこそこ面白いと感じる半面、大味だなぁと感じていたので続編で化ける可能性があるかもと思っていましたが、より大味になりました。

そして、ちょっと感じるのがモンハン自体に行き詰まりを感じていますね。
確かに4はかなりプレイしたんですが、(何故か分からないけど)4からプレイの新規プレイヤーが多く、マルチプレイが楽しかったから続けていた印象があります。
4が革新的に面白かったかと言われると振り返るとそうでもなかった気がします。
そろそろモンハンも飽きられていると感じますね。

だからこその5は期待してしまいます。
恐らく3DSで出るなら革新的な進化はまたなさそうですが、Switchなどで出るならオープンワールド化するんじゃないでしょうか。
どのゲームもオープンワールド化することには疑問を感じますが、モンハンとオープンワールドはうまくゲーム性を練られれば恐ろしいシナジー効果を生むのではないのかと思います。
ただ難しいですよね、オープンワールドゲームを作るのは。
特にカプコンはアクションゲームを作るノウハウは有りますが、オープンワールドゲームは未知の領域。
オープンワールドゲームは開発費が膨大にかかるので、モンハンなら大丈夫かもしれませんが回収できないと目も当てられなくなります。
シリーズファンとしては頑張って欲しいところです。
今後のモンハンに期待します。

Nintendo Switch ゼルダの伝説BoW 評価&レビュー

遂に買いましたよ話題のゲーム機「Nintendo Switch」。
そしてソフトはもちろんゼルダの伝説BoW(ブレスオブザワイルド)!

とくに前から注目してたわけじゃなかったんですが、発売直前の特番を見ていくうちに欲しくなって、発売日当日に購入。
その後暇があればひたすらプレイしました。

というわけで今回はこちらです。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

 

まず初めに言っておきます。

噂に違わぬ神ゲーです。
レビューはどこにでもあると思いますが、その評価を見た後にプレイしても評判以上で感動します。

まずフィールドですが、広い!
これも言われていたことではありますが、広いと聞いてプレイしても、やっぱり広い!となります。
そして広いのに歩いてて飽きないギミックや地形が盛り込まれていて、本当にただ歩いているだけなのに楽しい!
これはゼノブレイドやゼノブレイドクロスでもそうだったんですが、ゲーム内なのに登山にハマってしまうほどです。
なんとなくそこにある崖をのぼって頂上を目指していただけなのに、そこにはアイテムがあったりするのもすごいところ。
別にそのアイテムが欲しくて昇ったわけでは無いんですが、アイテムが配置されていると、どこまでが任天堂の掌の上なのかと感心してしまいます(もちろん全て任天堂の掌の上です)

自由度と縛り方がうまい!
まず自由度ですが、最低限の4つのアイテムを取得したらあとはどこへ行く事も可能です。
正規ルートなんてないのがすごい。
ダンジョンが4つ用意されていますが、どのダンジョンからでも攻略できます。
今回のゼルダは初めの4つのアイテムを最初から最後まで工夫して利用して進めていくんです。
流石オープンワールドにしただけあって、自由度が上がっています。
他にも、そこらへんの草を切ることができるのはいつものゼルダなんですが、気を切り倒すことも可能。
他にもそこらへんに転がっている岩を押して転がしたり、爆弾で動かしたり、、、物理法則と4つのアイテムの法則にのっとっていればなんでもできてしまいます。

自由度も魅力なんですが、その中にある縛りのバランスがすごくいい。
今回のゼルダにはスタミナがあるんですが、走ったり、昇ったり、パラセールというグライダーに乗っているときなどに消費します。
このスタミナのバランスがすごくもどかしくていいです。
このスタミナを成長させることによって行ける場所が増えたりするんですが、それも少ないスタミナでも工夫すれば進めるようになったりと、本当にバランスが素晴らしいです。

オープンワールドにしてはストーリーがいい。
メインストーリーをクリアしましたが、他の作品と同様にストーリーはあって無いようなものかと思っていましたが、意外にいいストーリーでした。
それはやって確かめてみてください。

Nintendo Switchの体験も含めて今回久しぶりにゼルダをプレイしました。
過去の作品のファンというわけではないですが、これは間違いなく素晴らしい作品であることは手に取って少しプレイをしただけでわかります。
プレイが終わることはかなり先になると思いますが、この思いは変わらないでしょう。
ゲームが好きであったり、ゲームファンの方は是非この作品を触ってみてください。
新しいオープンワールドの基準を作った作品であることは間違いありません!

ファイナルファンタジー XV 評価&レビュー

ファイナルファンタジーは今までほぼやってきているし、今回は何かと話題になっているのでもちろん購入しました。
今回はFFシリーズで初めてのオープンワールド。
購入者もそこが気になっている人が多いでしょう。

というわけで今回はこちらです。

ファイナルファンタジー XV

 

まず驚くのは映像の綺麗さ。
おそらくJRPGでは最高ではないでしょうか。
海外と比べても見劣りしない映像と、その映像で冒険ができる解放感が素晴らしいです。
キャラクターはJRPGなので、日本人向けでイケメンぞろいですが、もう前情報で知っているのでこういうのは慣れました。
何処まで行っても、どこをどう切り取っても映像が綺麗なのはこれだけでプレイして良かったという気になれます。
あと音楽も良かったと思います。
ここの音楽がいい!というのははっきりあるわけではありませんが、きちんと場面に合った音楽で盛り上げてくれていたように思います。

肝心のゲームとしては、うーん、正直まぁまぁですね。
最近のFFは良く言えば冒険していて、過去作のゲームシステムをそのまま踏襲することはあまりありません。
今回も13とは違ったゲームシステムでそれ自体はいいと思うんですが、ゲームの面白さとしてはいまいちな感じがしました。
そして何よりオープンワールドとしての楽しみがそこまで感じられません。
広大なフィールドがあって自由に行き来でき、膨大なサブクエストがあって、敵と戦ったりも自由で、、、そういうところはオープンワールドなんですが、なんというかオープンワールドになり切れてない感じがします。
正直自由度やフィールドや街の造形のレベルはそこまで高くないです。
オープンワールドとしての完成度は低いと言わざる負えません。

ストーリーは今のところ可もなく不可もなくですが、最後まで進めないとこればかりは分からないので割愛。

総括としては、オープンワールドRPGとしては微妙です。
グラフィックレベルが非常に高いので散歩して景色を眺めるゲームとしてはクオリティが高いと思います。
戦闘もなかなか楽しめます。
正直おすすめはできません。
グラフィックの素晴らしさを存分に感じたい人は買いです。

ペルソナ5 評価&レビュー

ペルソナシリーズは2からやっています。

今回も発売前のPVや情報から期待してはいたんですが、周りからの評判があまり得られなかったのと積みゲーが多かったので発売日には買いませんでした。

ですが、今回積みゲーがちょっと消化できて来たので購入しました。

という事でペルソナ5です。

まずプレイした直観ですが、よくまでスタイリッシュに作れるなと感心してしまいました。

戦闘に限らず何をするにもスタイリッシュ!

これが見れただけでもプレイした価値がありました。

ゲームバランスはアトラスなので相変わらず難しいんですが、昔に比べればずいぶん親切になりました。

難易度についてはアトラス側のこだわりだと思うのでこれも魅力。

全体的に親切になったのはインターフェースや戦闘のやりやすさ、PS時代はロードだけでもずいぶん待たされたんだけど快適すぎて気持ち良くなるくらいです。

 

今回のテーマは怪盗。

まだ全てクリアはしていませんが、ストーリーも楽しめてます。

あまり4から時間が立っている印象はありませんでしたが、実際には結構空いているのでかなり丁寧に練って作られたのが感じられます。

PS4専用というハードルはありますが、PS4を持っているなら間違いなくお勧めできるソフトで。

ペルソナ5からプレイしたいという人も親切丁寧に作られているのでおすすめです。

妖怪三国志 評価&レビュー

妖怪ウォッチの人気はいまだ高いのか分かりませんが、知り合いに勧められて買ってしまいました。

ちなみに妖怪ウォッチシリーズは何もやっていません(笑)

こちらです。

youkai

@Amazon.co.jp

 

妖怪ウォッチとコーエーテクモゲームズの三国志がコラボしてシミュレーションとなったゲームですね。

ちなみに三国志シリーズは知っていますが、プレイはしていません(笑)

何故買った・・・。

ということで一ミリも興味がないのに、知り合いに載せられて買ったゲームをいざプレイしましたが。。。

あれ?結構おもしろいじゃないですか。細々不満点はありますが、ゲーム部分はちゃんと面白いですね。

これは三国志が面白いってこと何でしょうか?(笑)

正直そんなに妖怪ウォッチには惹かれないので、普通に三国志でも良かった気もしますが、どちらかのファンであるならば買ってしまうんではないでしょうか。

そういう意味ではナイスコラボかもしれません。

私の感想としては意外と良く出来ている、攻撃外しすぎ、難易度が低いが年齢層を考えればこれくらいなのかもしれない、位のものです。

ただまぁオススメの進軍内容も出てきて、それに従っても結構勝てたりするので、大人向けではないですね、やっぱり。

子供が楽しむゲームとしてはこういうのもありかもなーと思いました。

[amazon]B01ANHFUYA[/amazon]

DARK SOULS III  評価&レビュー

シリーズほぼプレイしています。

全世界、かどうかは分かりませんが、少なくともシリーズファンは期待しまくっている今作ダークソウル3です。

パワーアップ要素や映像の進化などは様々情報が出てきていましたが、実際にプレイした感想を書いていきます。

dks

@Amazon.co.jp

 

注目されている難易度ですが、絶妙にいいです。

理不尽な用で、理不尽じゃない。

注意しなきゃダメだと言い聞かせているうちはしっかり対策できるけど油断した瞬間に死んでしまう難易度。

敵の配置、ギミック、タイミング、全てに気を配られている気がします。

素晴らしいです。みんな初代デモンズ再来と行っていますが、私が思い出したのは忍者龍剣伝の敵配置です。

※あくまでもアクションゲーム好きな人がプレイすることが前提です。アクションゲームが苦手な人はよく検討して購入した方がいいです。

あと、初代デモンズ再来と感じられる部分としてはキーレスポンスとキャラの動きです。

もっさりせず、しっかりプレイヤーの望んだ動きをしてくれてます。

これは感動です。

ネット周りもいつもはマッチング不具合が発生していましたが、今回ははじめから大丈夫でした。

あえて残念な点をあげるとするならば目新しさが無いことくらいです。

操作や難易度のバランスに感動することがあっても、グラフィックやシステムに感動することはありませんでした。

ただ私はゲームは極論を言うとテンポとバランスだと思っているので、非常に楽しめています。

アクションゲーム好きならおすすめです!!

 

[amazon]B01CZU8PKE[/amazon]

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3 評価&レビュー

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3(以下、DQMJ3)はDQの派生作品ながら人気のモンスターを捕まえて一緒に冒険するゲームです。

過去作は実は、、、やってません!w

今回話題ということで買ってみただけです!にわかです!

そんな私がプレイした感想です。

dqmj

 

@Amazon.co.jp

 

まず、基本システムやゲームの流れは親切に教えてくれますね。

これは入りやすくて良かったです。

今回の売りらしい「ライド」もいい感じです。乗っているだけでも楽しいです。

ただ、気になることが、、、モンスターは500種類以上いるらしいのですが、、、色ちがいで似たようなモンスターが多い。。。

あとモンスターの動きも似たような動きのモンスターが多い。。。

すげー!ポケモンに迫る勢いじゃないか!と思ったけど、そういうわけには行かなかったようですね。

ただ、配合やその他システムは従来通りらしいのですが、私はこれが初めてなのですごく楽しめています。

まだまだ奥深いところまではできていませんが、なるほど名作ですね。

従来ファンはいろいろ不満があるようですが、システム面はそこまで変更が無いみたいなので、ゲームとしてはしっかり楽しめそうだと感じています。

[amazon]B018QPYTNY[/amazon]

初音ミク -Project DIVA- X 評価&レビュー

音ゲーはそこまでやらないんですが、音ゲー入門として勧められたのが初音ミクProjectDIVAでした。

ボタンが4つでそこまで難しくないからだと思います。

そんな私が購入しました、こちらです。

miku

 

@Amazon.co.jp

 

プレイはしたことあるので、そこまで抵抗なく入れますし、スコアとかノーミスを狙わないかぎりはやっていれば上達します。

音ゲーは正直繰り返しプレイした時間にうまさが比例すると思うので、難易度はそこまで気にしていませんでした。

しかし、私はやっぱりそこまでこの作品にハマれない。。。

理由としては、プレイして思いましたが、私はそこまでボーカロイドにあっていないからじゃないかと思います。

音ゲーとしては音楽にあわせてボタンを押すのは楽しいんですが、その音楽が全てボーカロイド(当たり前)で映像も全てボーカロイドのキャラクター(当たり前)だから興味がないとそこまでいいと思えませんでした。

他の音ゲーだと多種多様な音楽の中に好きな曲が何曲かあったりすると思いますが、ボーカロイドはボーカロイド曲なので、、、ハマる人にはハマるけど合わない人にはとことん合わないのかも、と言う感想。

音ゲー入門としてはいいかもしれませんが、やっぱりボーカロイドが好きな人の方がハマり度は高いと思います。

人を選ぶという点ではあまりオススメできませんが、ボーカロイド好きなら買いでしょう

[amazon]B018VN04AI[/amazon]