スターウォーズ 最後のジェダイ 評価&レビュー

見に行きました、スターウォーズⅧ 最後のジェダイ!
ファン、とまでは行きませんがエピソード7を見ていて続きは気になっていたので、なかなか楽しみで見に行きました。

と言うわけで今回はこちらです。
ネタバレはありませんので安心してご覧ください。

見た感想としては・・・・非常に言いにくいのですが、これは個人的に「なし」でした。
7は不満やツッコミどころもあるけど、楽しめる部分は楽しめたし、今後の展開に期待させる内容でした。
8はその期待とは違う方向の話を展開された感じになってしまいました。

私が期待していたことは、レイが何者なのか、カイロレンの葛藤はどういう方向に行くのか、元トルーパーの立ち位置はどういうポジションになっていくのか、と言うところが注目しているところでした。
概ねその内容が描かれたんですが、大きく期待から外れたのが「カイロレンが向かう方向」です。
なんというか。。。小物だったカイロレンは今回でより小物な感じがして。。。
もっと違う形の方向にして欲しかったのが本音。
私から見るとカイロレンもかなりメインキャラクターなのにまったく魅力的に見えませんでした。
悪ながらも魅力的なキャラクターに育てて欲しかったですが、願いは叶いませんでした。

もう一つ不満だったのが、今回登場したキャラクターと謎の唐突恋愛展開ですね。
洋画にありがちな展開ではあるんですが、今回のエピソード8で特に良くなかったのは今回現れた女性キャラも全然魅力的じゃないところですね。
まず、本当に個人的で申し訳ないんですが、まったくカワイイ女性じゃない。
恐らく一般兵にもドラマがある事を描きたかったのかと思いますが、それでももっと役者を選んでもいいんじゃないのか?と思ってしまうほどです。

前回最後で登場したルークが私が期待していた存在以下だったのもちょっとガッカリ要素でした。

ちょっとだけ物語に有能な人達、強い人たちが出てくるのを期待しすぎていたようです。
スターウォーズの物語は、普通の人も居て、みんな悩んでいて、その中から悪の英雄や正義の英雄が生まれる、という物語でした。
私が個人的にジェダイや王や英雄という存在に有能さを求め過ぎていたのが、今回のスターウォーズが合わなかった理由かなと思います。

最後に良かったところですが、ライトセーバーでの戦闘はなかなか見ごたえがあったし、いつも通り宇宙戦争というスケールの大きさ、いろいろな種族のいろいろな考え方や行動は見ていて楽しかったです。

エピソード9も見に行くと思いますが、なかなか私が納得して面白いと言える方向には向かって行ってないので、あまり期待せずに待とうと思います。

ライトセーバー通販