レディプレイヤーワン 評価&レビュー

ゲームやアニメが好きなら一押しと評判の「レディプレイヤーワン(Ready Player One)」。
当然私も見に行きました!
という事で今日はレディプレイヤーワンの評価レビューです。

こちら!

 

ストレートな感想は、、、面白かった!
ただ、いろいろ言いたい事はあります。

まず、この作品の面白さは視覚的な面白さがほとんどだという事です。
VR世界の話がメインなのでもうなんでも有り!
人でも怪物でもロボットでも何にでもなれる!
あの有名なキャラクターや馴染みのキャラクターもバンバン登場!
世界もファンタジーから現代風のビル群、宇宙などなどなんでもあり!
そういう視覚的な楽しみがすっごいです!

逆に言うと、、、ストーリーはあまり捻ったものじゃなく、単純王道ストーリーでした。
意外性はほとんどないし、ツッコミどころもまぁまぁある。
なにより、監督のスピルバーグさんも影響されたって言ってた気がするけど、世界観はソードアート・オンラインを現代リアルに落とし込んだような感じなので、パクリと言えなくもないですね。
あとはー、、、個人的にですがラスト終わり方がチョーっと納得いかないというか、この作品でそれ最後に持ってくるの?っていう感想だったので、まぁ個人的にストーリーは期待しないで見て欲しいですね。

でもまぁ、そういう作品って映画には多いと思います。
映像作品は映像で魅せるってのも一つの完成形ですもんね。
おそらくエンタテイメント作品をたくさん楽しんできた人がより楽しめる作品でしたね。
そんなこんなで、映像が派手でストーリー重視ではない作品が好き!って人と、サブカル大好き映像娯楽やゲームをたくさん楽しんで来た人にはおススメの映画です!